博物館の歩み

2003年

・4月 福島県白河市に開館
・第1回ヨーロッパ平和ツアー
 オーストリア・シュライニング平和センター、ポーランド・アウシュヴィッツミュージアム訪問
・第1回平和の夏祭り「青木進々の1周忌のつどい」
・「アンネフランク展」開催/白河市/矢吹町
・ドキュメンタリー「心に平和の砦を」(福島テレビ制作)放映
・NPO法人の認証を受ける

2004年

・通信「imagine」発行開始(年4回)
・第1回アイスキャンドル開催
 アウシュヴィッツ解放(1945年1月27日)を記念して
・NPO法人として活動開始
・1周年記念講演会 講師 柿崎幸一・福島テレビ報道部長
・第2回ヨーロッパ平和ツアー
・出前授業開始
・第2回平和の夏祭り 朗読劇「この子たちの夏」初上演ほか
・第1回福島文化フォーラム「戦場のピアニスト」上映/白河市

2005年

・第2回アイスキャンドル
・2周年記念講演会 講師 山田正行・当館理事長
・アウシュヴィッツパネル展/三春町
・第3回ヨーロッパ平和ツアー
・増築工事完成・企画展示室オープン
・第3回平和の夏祭り 朗読劇「この子たちの夏」上演ほか
・第2回福島文化フォーラム
 講演会「アウシュヴィッツ生還者講演会」/白河市/福島市/会津若松市/いわき市
・出前授業
・ポーランド政府より勲爵功績十字勲章授与(役員スタッフ4名)

2006年

・第3回アイスキャンドル
・3周年記念講演会「憲法と生存権」 講師 今野順夫・当館会員
・第4回ヨーロッパ平和ツアー
・第4回平和の夏祭り
 朗読劇「この子たちの夏」上演ほか、駐日ポーランド大使来館
・第3回福島文化フォーラム
 「私を救ったビザ」 講演会 杉原ビザで救われた元ユダヤ難民/郡山市
・企画展開始「杉原千畝の世界」

2007年

・第4回アイスキャンドル
・アンネ・フランクギャラリーオープン
・4周年記念講演会
 「スライド・トーク」講師 フォトジャーナリスト豊田直己
・出前授業
・「アンネフランク展」白河市
・広島原爆の「平和の灯火」当館に到着
・第5回平和の夏祭り 朗読劇「この子たちの夏」上演ほか
・博物館実習生受け入れ
・第4回福島文化フォーラム
 劇団銅鑼 「センポ・スギハァラ」 上演/福島市
・企画展「豊田直己が語るイラク写真展」
    「被爆者が描いた原爆絵画展」

2008年

・第5回アイスキャンドル
・5周年記念講演会「パレスチナ問題特別トーク」 講師 ルティ・ジョスコヴィッツ
・第6回平和の夏祭り(5周年感謝祭)
・国際平和博物館会議参加
・混声合唱組曲「悪魔の飽食」第19回全国縦断コンサート福島公演/白河市
・出前授業
・博物館実習生受け入れ
・企画展「広河隆一が撮ったパレスチナ」写真展
    「コルベ神父」原画展
    「731部隊」展

2009年

・第6回アイスキャンドル
・「草の日&6周年記念交流会」
・「平和の火コンサート」水カンリンバ演奏 丸山祐一郎・はる夫妻
・塚田一敏新理事長就任
・第7回平和の夏祭り 講演会 講師 安田和也
・出前授業
・草の日
・博物館実習生受け入れ
・企画展「負の世界遺産」後藤勝美水彩画展
    「第5福竜丸」展
    「勇気ある人々の肖像」展

2010年

・第7回アイスキャンドル
・駐日ポーランド大使来館
・7周年記念講演会 「九条紙芝居」 講師 橋本勝
・チャリティーアート展
・「アフリカトーク&ライブ」早川千晶・近藤ヒロミ
・第8回平和の夏祭り
・出前授業
・草の日
・企画展「丸木美術館所蔵 原爆の図」展
    「アウシュヴィッツから9条」橋本勝イラスト展
    「戦争と女性の人権」展
・巡回展「コルベ神父」原画展/名古屋市/瀬戸市
・来館者3万人突破

2011年

・第8回アイスキャンドル
・8周年記念講演会 「健康と平和」 講師 小沼富男・当館会員
・第9回平和の夏祭り(原発大討論会と交流会)
・講演会「今だからこそ水俣に学ぶ」 講師 柳田邦男/白河市
    「福島原発の真実」 講師 佐藤栄佐久/白河市
    「水俣・白河展記念講演会 ~水俣病から福島原発を考える~」
     講師 緒方正人、鎌田慧、森達也 司会 竹下景子/白河市
・特別展 「水俣・白河展~フクシマへ繋がる近代の闇~」/白河市
・草の日
・企画展「ホロコーストを見つめて」若山保夫絵画展
    「沖縄戦とひめゆり学徒隊」展
    「原爆と人間」展
    「チェルノブイリ写真展~福島への警鐘~」 撮影 広河隆一

2012年

・第9回アイスキャンドル
・開館9周年のつどい「チェルノブイリ被曝者を迎えて」/白河市
・第10回平和の夏祭り/青木進々没後10周年「偲ぶ会」
・企画展「ユニセフ・東日本大震災報告」写真展
    「女川に生きる人のいま」鈴木麻弓写真展
    「世界ヒバクシャ」6人写真展
    「陶に刻むアウシュヴィッツの記憶」関谷興人陶板展
・定例総会で原発災害情報センター(仮称)設立を承認

2013年

・第10回アイスキャンドル(今回で終了)
・10周年記念セレモニー「博物館開館10周年・原発災害情報センター竣工式」
・第11回平和の夏祭り
 講演会「足尾・水俣から福島を見る─田中正造が問いかけていること─」
 講師 小松裕
・講演会「アフリカのスラムに学校を建てる」 講師 早川千晶
・企画展 田中正造没後100年「足尾銅山鉱毒事件」展
     「紛争と人権2013」展

2014年

・すべての戦争と東日本大震災の犠牲者を追悼する催し(1月27日)
・講談・講演会「原爆と原発─はだしのゲンを語って28年、今、ふるさと福島を語る」 講談師 神田香織
・第12回平和の夏祭り 講演会「枯れ葉剤と子どもたち」講師中村梧郎
・草の日
・企画展「アウシュヴィッツ不在の表象―JOTOKU」増田常徳展
    「ロベルト・ユンク」展
    「枯れ葉剤と子どもたち」中村梧郎写真展

2015年

・ホロコースト・メモリアルデー
 広河隆一講演会 「アウシュヴィッツ─パレスチナ─今日の日本」
・12周年記念ピアノコンサート
 お話と復興支援ピアノコンサート 塚田一敏・神武夏子
・第13回平和の夏まつり 朗読劇「父と暮らせば」 青年劇場有志3人
・来館者4万人達成
・国際交流のつどい
 「アウシュヴィッツからフクシマへ」 ローラ・ケンプトン博士
・お話の会
 「脱原発への道 遠いフランス・進むドイツ」 飛幡佑規・梶川ゆう
・第14回平和のための博物館・市民ネットワーク全国交流会参加
・アフリカ・アジア研修生との交流会
・博物館実習生受け入れ 福島工業高専4年生
・企画展 「パレスティナ」写真展 広河隆一撮影
     「アウシュヴィッツを考えぬいた作家─プリーモ・レーヴィ」パネル展
     「毒ガス島─その被害と加害の歴史」パネル展

2016年

・ホロコースト・メモリアルデー講演会
 「ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか」 林順治
・13周年記念 鄭周河「奪われた野にも春は来るか」写真展
・ギャラリートーク 鄭周河・徐京植・高橋哲哉
・第14回平和の夏まつり 「子どもの目に映った戦争」体験リレートーク
・第15回平和のための博物館・市民ネットワーク全国交流会開催(当館)
 特別報告/君塚仁彦・栗山究・萩原達也
・企画展 「毒ガス島での体験を描いた―大久野島・動員学徒の語り」絵画展
     「奪われた野にも春は来るか」写真展 撮影/鄭周河
     「辺野古はいま」写真展
     「ハンセン病」写真展
     「南京・閉ざされた記憶」パネル展―歴史の真実を語る足跡と証言

2017年

・国際ホロコースト・メモリアルデー講演会
 「ナチ時代から現代のドイツへ―過去と向き合う難しさ―」 石田勇治
・14周年記念 志村泉ピアノコンサート「アリスの奇跡」~演奏とお話で
・「知事抹殺」上映会開催
・第15回平和の夏まつり 「愁いの王2017」 大木道雄
 無限渦巻 魂の交歓(彫刻・アートパフォーマンス)
・後藤宣代 新理事長就任
・第9回国際平和博物館会議報告会開催/栗山究・萩原達也
・企画展 後藤勝美さんの「負の遺産を描く」展
     「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2017」ミニ写真展
     「愁いの王」無限渦魂の交歓(彫刻アート)大木道雄
     「日本平和博物館会議戦後70年共同展示」パネル展

2018年

・国際ホロコースト・メモリアルデー講演会
 「アウシュヴィッツが投げかける問い─21世紀の私たちはこれにどう答えるか─」 石田勇治
・15周年記念 新作能「鎮魂」─アウシュヴィッツ・フクシマの能上演
 コミネス大ホール/白河市
・平和の夏まつり講演会「子どもの“目に映った戦争“と “思い描いた戦争 “」
 ~ポーランドと日本の比較を通して~ 柳沼宏寿
・企画展 「戦争と子どもの表現」展
     「熊本震災としょうがい者を受け入れた避難場所─
     熊本学園モデル45日間の軌跡」パネル展
     「沖縄戦とひめゆり学徒」展

2019年

・国際ホロコースト・デー映画上映会 「否定と肯定」
・小渕真理 新理事長就任
・創立記念日講演会 「大工の明良、憲法を読む」 明良佐藤
・平和の夏まつり芝居 「SHIROCK」~ヴェニスの商人より~
 あさか開成高校災激舞(演劇部)
・企画展 「戦争と動物たち」展
     「原爆と人間」展
     「子どもの教育と人権の父 コルチャック」展
     「コシチェルニアク作品展」