催し「アンネ・フランク」

国際ホロコーストデー
アウシュヴィッツ強制収容所解放 75周年上演会

「アンネ・フランク」
なぜあなたが死んで、私たちが生き残ったの? –平和への祈り–


日時:2021年2月6日(土)延期開催予定

場所:白河文化交流館 コミネス・小ホール

主催:認定NPO法人アウシュヴィッツ平和博物館

全席自由 (一般) 2,500円 (高校生以下)1,000円


1945年ベルゲン・ベルゼン収容所でチフスにより15歳にして命を落としたアンネ・フランク。彼女が「アンネの日記」(1942年〜1944年)に綴った生への希望と平和への想いを基に、彼女と共に生きた人々の証言などを交えて生まれた芝居。アンネ・フランクとその同級生など彼女を取り巻く人々を演じ分けるのは、新宿梁山泊(劇団)など数多くの舞台公演で活躍を続けている三人の舞台女優たち。

出演 近藤結宥花 三浦伸子 梶村ともみ
構成・脚本:梶本恵美 演出:笠井賢一

ご来場の際は、感染症対策のためマスク着用をお願いいたします。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL