福島民友2004年(平成16年)4月19日(月)記事
新聞掲載記事

アウシュヴィッツ博物館1周年
故青木(初代館長)しのび講演
交流や番組制作の思い語る

アウシュヴィッツ平和博物館(小渕真理館長)は17日、白河市白坂の同館で、開館1周年を記念した講演会を開催した。

同博物館は、第二次世界大戦時のアウシュヴィッツ捕虜収容所関連の記録写真などの展示を行う国内唯一の施設で、昨年の4月に栃木県塩谷町から同市に移転、再オープンした。今年4月1日には、NPO法人アウシュヴィッツ平和博物館(山田正行理事長)として県知事の認可を受けた。

講演会では、福島テレビの柿崎浩一報道部長が、「記者の目に映ったアウシュヴィッツ」と題して、柿崎さんと初代館長の故青木進々さんの交流や、アウシュヴィッツをテーマに制作したドキュメンタリー番組の思いなどを話した。

また、同市のゴスペルサークルによるゴスペル演奏も行われ、参加者が1周年を祝った。