福島民報2004年(平成16年)2月2日(月)記事
新聞掲載記事

光に誓う世界平和
アイスキャンドル点灯

アウシュヴィッツ平和博物館(白河)

白河市白坂のアウシュヴィッツ平和博物館は1月31日夜、氷でつくったキャンドル約600個に明かりを灯す光のページェントを行い、人種や宗教の違いを超えて人々が助け合う真の平和な世界が1日も早く実現できるよう祈った。

中学生ら600個作る
アウシュヴィッツ平和博物館は昨年4月に栃木県から移転して現在地にオープンし、これまでに5000人を超える人が訪れている。

今回のイベントは、1月27日がポーランド・アウシュヴィッツのユダヤ人収容所がナチスから解放された記念日に当たることから「解放59周年記念イベント」として行った。

アイスキャンドルは、牛乳パックやペットボトルなどを利用して作った氷のろうそく立て。地元の南部中や石川町の沢田中の生徒をはじめ、ボランティア約100人がそれぞれ1週間前から自宅の冷蔵庫などで作り貯めた。

JR東北線の白坂駅から博物館までの道と、博物館の敷地内に灯されたキャンドルは、予定の500個を上回る約600個。点灯式で小渕真理館長は「たくさんの人が平和への思いを込めて、アイスキャンドルを作ってくれた。これからも毎年行い、世界平和の祈りの輪を広げていきましょう」とあいさつした。

参加した人たちは、アイスキャンドルの炎を見つめながら、世界平和への思いを深くしていた。