読売新聞2009年(平成21年)1月18日(日)
新聞掲載記事

コルベ神父描いた原画展
アウシュビッツで身代わり処刑に

 第2次世界大戦中、アウシュビッツの強制収容所で、餓死刑に決った男性の身代わりを申し出て処刑されたポーランド人、マキシミリアノ・コルベ神父(1894〜1941)の姿を描いた原画展が19日から、新島学園短大(高崎市昭和町)で開かれる。同短大の創立25周年を記念した企画で、宗教主任の山下智子准教授は「平和について、地域の人たちが考えるきっかけになれば」と話している。

 展示されるのは、コルベ神父の最期などの模様を描いた連作のペン画11枚。同じ棟にいたポーランド人画家、ミェチスワフ・コシチェルニャックさん(1912〜93)が1989年に描いた。

 脱走しようとして殺された収容者に祈りをささげるコルベ神父の姿や、身代わりを申し出る瞬間のほか、戦前に長崎に滞在した当時を回想する場面などが、細かい線で描かれている。福島市白河市の「アウシュヴィッツ平和博物館」で2007年に発見され、昨年夏に公開された。

 コルベ神父は、ナチスに批判的として同収容所に入れられた41年、脱走者への見せしめとして、連帯責任で餓死刑に処されることになった妻子ある男性の身代わりを申し出て、水や食料を2週間断たれた後、薬殺された。

 アウシュビッツの強制収容所には、ユダヤ人のほか、政治犯など、ナチスが好ましくないと判断した広範な人たちが収容されていた。

 展示は新島襄の命日(23日)をはさみ、24日まで。午後2〜6時(最終日のみ5時)。同短大グレースホール。入場無料。問い合わせは同短大(027・326・1155)。