ホーム >> 常設展/レスキュアーズ
レスキュアーズ
Rescuersとは、
危機的状況から他者を救出、救済する者たちのことです。


レスキュアーズ・セクションの中心展示は、ニューヨーク近代美術館をはじめ、全米及びヨーロッパで巡回中の RESCUERS "Portraits of Moral Courage in the Holocaust(日本語版)"の一部です。

同展の版権は、製作者のGay Block, Malka Drucker両氏より
アウシュヴィッツ平和博物館に寄贈されました。

◆レスキュアーズ
第二次世界大戦の最中、ナチスによる迫害や虐待に苦しむ人々を救った人たちがいました。抑圧者に怯え、ただ傍観するだけの大衆に対し、見ず知らずの人間を、命を懸けてまでかくまった彼(女)らの行動は、現代を生きる私たちにも大きな希望を与えてくれます。

アウシュヴィッツ平和博物館の「レスキュアーズ」セクションでは、杉原千畝、コルベ神父、コルチャック等の人道的行為と共に、ナチスに迫害されるユダヤ人を命懸けで救った市井の人々の勇気ある行動を紹介する展示を行っています。

新世紀を凄惨な同時多発テロで迎えてしまった私たちは、今、「目には目を」という暴力の連鎖によって「新たな戦争」の危機的な状況下にあります。それは、20世紀を一貫して支配した物質主義と競争社会が生みだした利己主義が招いた当然の帰結といえます。
 
レスキュアーズの「利他主義」は、平和な未来へのキーワードと言えるでしょう。
常設展メニュー >> アウシュヴィッツ | アンネ・フランク | レスキュアーズ
お問い合わせ | リンクについて | 個人情報の取り扱いについて | 免責事項 | 著作権について | ホーム
〒961-0835 福島県白河市白坂三輪台245
アウシュヴィッツ平和博物館